スポンサードリンク


2019年02月09日

熱海ニューフジヤホテル 和食膳の会席コース【1泊2食+酒飲み放題10,800円】

IMG_9475.JPG

100回近く伊東園ホテルに宿泊を繰り返してふと気づいたことがある。それは、伊東園ホテルで一度も夕食の和食膳の会席コースを利用していない事だった。当たり前のように夕食にはバイキングを利用していたんだけど、伊東園ホテルの夕食には和食膳の会席コースがある。すべてのホテルが実施しているわけではなく、ごく限られたホテルだけなんだけど、これを今まで1度も利用していなかったのは「誰よりも伊東園ホテルを知る男」を自認している者にとっては恥ずべきことだと思い、和食膳の会席コースを体験してみることにした。
選んだのは熱海ニューフジヤホテル。伊東園ホテルを代表する知名度のあるホテルだし、このホテルの和食膳の会席コースが系列で最上級の内容なのは容易に予想がついたからだ。未知な伊東園ホテルの和食膳の会席コース。未踏の料理の領域に初めて足を踏み入れる。

IMG_9647.JPG

本館最上階にある和食膳の会場みはらし。ここが和食膳の会席コースの会場となっている。別館一階のバイキング会場とは比較にならない程小さい。

IMG_9644.JPG

生の花。

夕方6時からスタート。

IMG_9600.JPG

部屋ごとに席が割り振られていて、席には既に料理が用意されている。

IMG_9597.JPG

ディフォルトの料理。この後に次々と料理が運ばれてくる。

IMG_9612.JPG

おしながき。

IMG_9602.JPG

刺身。

IMG_9633.JPG

金目鯛八方煮。

IMG_9603.JPG



IMG_9608.JPG

茶碗蒸し到着。茶碗蒸しのクオリティー高い。


IMG_9630.JPG

若鶏のホワイトソースかけ到着。

IMG_9631.JPG

豚鍋。

IMG_9613.JPG

IMG_9642.JPG


アイスクリーム食べ放題。

ドリンク

IMG_9617.JPG

ソフトドリンク。

IMG_9618.JPG

ホットコーヒー、アイスコーヒー。


IMG_9634.JPG

アルコールコーナー。ビールはアサヒスーパードライ。

IMG_9620.JPG

冷酒。

IMG_9621.JPG

ワイン赤白。

IMG_9624.JPG

熱燗。

IMG_9626.JPG

熱燗、焼酎。

IMG_9615.JPG

チューハイ。

IMG_9628.JPG

釜めしも炊けてきましたな。

IMG_9637.JPG

天ぷら到着。


IMG_9639.JPG

お吸い物と閉めのメロンとプチケーキ。

IMG_9643.JPG

ほどなくして会場もヒートアップ。人数的に20数名程度ですかね。





熱海ニューフジヤホテル 宿泊レポート⇒こちら
熱海ニューフジヤホテル 夕食バイキングレポート⇒こちら

IMG_9772.JPG

熱海ニューフジヤホテル 朝食バイキングレポート⇒こちら

IMG_9581.JPG

熱海ニューフジヤホテル 3つの大浴場レポート⇒こちら

IMG_3399.JPG

伊東園リゾート湯めぐりのススメ【熱海4つの伊東園リゾートホテル大浴場案内】




総論:伊東園ホテルの裏メニューと言える和食膳の会席コースを初体験。バイキング利用よりも1000円ほど価格が跳ね上がるのだけど、料理の内容にアドバンスを全く感じない。接客も良かったし、暖かい方が美味しい料理を暖かい状態で提供してくれるし、内容としては種類もそこそこありお腹いっぱいになれるし、酒も飲み放題なんだけど。結論としては好きな料理を好きなだけ食べるバイキングの方が私の性に合うことがわかった。当日は蟹、フグ、アンコウが食べ放題だったというし、バイキングに後ろ髪を引かれる思いでしたわ。アルコールの充実度もバイキングの足下に及ばない感じ。

家族で足が不自由な人がいるとか高齢の人には和食膳の会席コースもありだと思いますよ。バイキング会場に比べてこじんまりしているし、混雑するのが苦手な人には向くかもしれないけど、普通に利用する場合はバイキングの方がお得だし、おすすめですね。

総合:★★★☆☆ 美味しかったけど、伊東園ホテルで1泊2食付き+酒飲み放題10,800円の内容としては価格負けかな。せめて夕食バイキングで提供している蟹ぐらいは出すべきだった
品数:★★★☆☆ そこそこある
品質:★★★☆☆ 海鮮類が新鮮。お腹いっぱいになれる





posted by 珍安ホテルの朝食&夕食のお膳 at 21:32| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク